2018年にプロジェクトがスタートしたCROSSは3年を迎え、新たに生まれ変わります。

今までCROSS projectが成長して来られたのは、全てトークンホルダーからの支援のおかげです。
この場を借り、CROSS project member一同より感謝申し上げます。

2018年にプロジェクトがスタートしたCROSSは3年を迎え、新たに生まれ変わります。

今までCROSS projectが成長して来られたのは、全てトークンホルダーからの支援のおかげです。
この場を借り、CROSS project member一同より感謝申し上げます。

2018年にプロジェクトがスタートしたCROSSは3年を迎え、新たに生まれ変わります。

今までCROSS projectが成長して来られたのは、全てトークンホルダーからの支援のおかげです。
この場を借り、CROSS project member一同より感謝申し上げます。

CROSS reborn to CROSSTECH.

CROSS × TECHNOLOGY = CROSSTECH

CROSSTECHの意味
様々な価値がテクノロジーで交差する

Re:bornの目的
CROSS projectが描いた世界を再考し、今のマーケットに合ったプラットフォームの再構築を行う。

CROSS reborn to CROSSTECH.

CROSS × TECHNOLOGY = CROSSTECH

CROSSTECHの意味
様々な価値がテクノロジーで交差する

Re:bornの目的
CROSS projectが描いた世界を再考し、今のマーケットに合ったプラットフォームの再構築を行う。

CROSS reborn to CROSSTECH.

CROSS × TECHNOLOGY = CROSSTECH

CROSSTECHの意味
様々な価値がテクノロジーで交差する

Re:bornの目的
CROSS projectが描いた世界を再考し、今のマーケットに合ったプラットフォームの再構築を行う。

Re:Born to CROSSTECH

ホルダー投票の開催

CROSS project がRebornを行うにあたり、ユーザー投票を開催致します。

重要:
ユーザー投票の参加方法

  • 本ページを全て確認
  • 投票ページにて投票

Re:Born to CROSSTECH

ホルダー投票の開催

CROSS project がRebornを行うにあたり、ユーザー投票を開催致します。

重要:
ユーザー投票の参加方法

  • 本ページを全て確認
  • 投票ページにて投票

Re:Born to CROSSTECH

ホルダー投票の開催

CROSS project がRebornを行うにあたり、ユーザー投票を開催致します。

重要:
ユーザー投票の参加方法

  • 本ページを全て確認
  • 投票ページにて投票

分散型価値交換プラットフォーム

CROSSは暗号資産を使った価値交換プラットフォームの構築を目指しCROSSの概念に賛同するCROSS project consotioum member企業と共に、様々なプロダクトを発表してきました。

CROSS projectの持つ分散型技術を元に生み出されたプロダクトとしては、取引所、販売所、暗号通貨ウォレット、暗号通貨決済システム、自動トークン発行システムなどどれも、暗号通貨市場では重要な基幹システムです。

CROSSが2018年初頭に作った概念は、現在の暗号資産マーケットの中で主流となっています。

初期のCROSS projectの概要説明では、ミカンとリンゴのトークン化による物々交換が可能になるというようなプレゼンテーションが行われていました。

CROSSの市場先見性で未来を切り開く

2018年初頭ではトークンを使った価値交換(NFT)や分散型金融(Defi)という言葉はほとんど認知されておらず、一般的には使われていませんでした。

しかしCROSSは当時より、NFT,Defiなどの概念に通じるプロダクトやサービスの構想を行っていました。

我々CROSS project(CROSSTECH)メンバー一同は、CROSSのアーキテクトに書かれた市場先見性を信じ、今はまだ完全に実現されていない、分散型価値交換プラットフォームの構築を行い次世代のAmazonを目指します。

分散型価値交換プラットフォーム

CROSSは暗号資産を使った価値交換プラットフォームの構築を目指しCROSSの概念に賛同するCROSS project consotioum member企業と共に、様々なプロダクトを発表してきました。

CROSS projectの持つ分散型技術を元に生み出されたプロダクトとしては、取引所、販売所、暗号通貨ウォレット、暗号通貨決済システム、自動トークン発行システムなどどれも、暗号通貨市場では重要な基幹システムです。

CROSSが2018年初頭に作った概念は、現在の暗号資産マーケットの中で主流となっています。

初期のCROSS projectの概要説明では、ミカンとリンゴのトークン化による物々交換が可能になるというようなプレゼンテーションが行われていました。

CROSSの市場先見性で未来を切り開く

2018年初頭ではトークンを使った価値交換(NFT)や分散型金融(Defi)という言葉はほとんど認知されておらず、一般的には使われていませんでした。

しかしCROSSは当時より、NFT,Defiなどの概念に通じるプロダクトやサービスの構想を行っていました。

我々CROSS project(CROSSTECH)メンバー一同は、CROSSのアーキテクトに書かれた市場先見性を信じ、今はまだ完全に実現されていない、分散型価値交換プラットフォームの構築を行い次世代のAmazonを目指します。

分散型価値交換プラットフォーム

CROSSは暗号資産を使った価値交換プラットフォームの構築を目指しCROSSの概念に賛同するCROSS project consotioum member企業と共に、様々なプロダクトを発表してきました。

CROSS projectの持つ分散型技術を元に生み出されたプロダクトとしては、取引所、販売所、暗号通貨ウォレット、暗号通貨決済システム、自動トークン発行システムなどどれも、暗号通貨市場では重要な基幹システムです。

CROSSが2018年初頭に作った概念は、現在の暗号資産マーケットの中で主流となっています。

初期のCROSS projectの概要説明では、ミカンとリンゴのトークン化による物々交換が可能になるというようなプレゼンテーションが行われていました。

CROSSの市場先見性で
未来を切り開く

2018年初頭ではトークンを使った価値交換(NFT)や分散型金融(Defi)という言葉はほとんど認知されておらず、一般的には使われていませんでした。

しかしCROSSは当時より、NFT,Defiなどの概念に通じるプロダクトやサービスの構想を行っていました。

我々CROSS project(CROSSTECH)メンバー一同は、CROSSのアーキテクトに書かれた市場先見性を信じ、今はまだ完全に実現されていない、分散型価値交換プラットフォームの構築を行い次世代のAmazonを目指します。

【2018年プロジェクト概要説明動画】

この当時はNFTを使った価値交換の概念を、Value exchange market(価値交換マーケット)という用語が使われていた。

【2018年プロジェクト概要説明動画】

この当時はNFTを使った価値交換の概念を、Value exchange market(価値交換マーケット)という用語が使われていた。

【2018年プロジェクト概要説明動画】

この当時はNFTを使った価値交換の概念を、Value exchange market(価値交換マーケット)という用語が使われていた。

【2019年プロジェクト概要説明資料】

アゼルバイジャン金融庁主催のFinTechサミットに招待され、ウォレット技術が高く評価されました。

【2019年プロジェクト概要説明資料】

アゼルバイジャン金融庁主催のFinTechサミットに招待され、ウォレット技術が高く評価されました。

【2019年プロジェクト概要説明資料】

アゼルバイジャン金融庁主催のFinTechサミットに招待され、ウォレット技術が高く評価されました。

Re:born CROSSの本質を宇原CEOが語る

CROSS projectの初期のメインプロダクトであるCROSS exchangeは、取引マイニングという新しい取引方法を導入することで、短期間で多くのユーザーがアカウントの開設が行われ、大きな反響を呼びました。

この勢いを維持しつつXCRのCROSS exchangeへのXCRの統合や新機能の実装を目指してきました。

しかしCROSS exchangeの共同開発を行うCROSS project consortium memberとの 商習慣や文化の違いにより、本来行いたい開発が思うような展開ができず、その後XEXの価格は低迷。

今回CROSS exchangeを共同開発を行うCROSS project consortium memberとのCROSS exchange運営に関する、開発権利に関する整理がつき、本来のCROSS projectが進むべき方向へ進む事ができます。

CROSS project の宇原CEOがRe:bornの内容についての本質を語っていますので、ご覧ください。

Re:born CROSS projectについて

ブロックチェーンの社会実装は少しづつ進んでいますが、まだまだブロックチェーンの価値はトークンの価格に依存しているのが現状です。

CROSS projectでは上場を控えているXCRの価値を上げるとともに、実社会におけるブロックチェーンサービスの浸透を進めていきます。

Re:born CROSSの本質を宇原CEOが語る

CROSS projectの初期のメインプロダクトであるCROSS exchangeは、取引マイニングという新しい取引方法を導入することで、短期間で多くのユーザーがアカウントの開設が行われ、大きな反響を呼びました。

この勢いを維持しつつXCRのCROSS exchangeへのXCRの統合や新機能の実装を目指してきました。

しかしCROSS exchangeの共同開発を行うCROSS project consortium memberとの 商習慣や文化の違いにより、本来行いたい開発が思うような展開ができず、その後XEXの価格は低迷。

今回CROSS exchangeを共同開発を行うCROSS project consortium memberとのCROSS exchange運営に関する、開発権利に関する整理がつき、本来のCROSS projectが進むべき方向へ進む事ができます。

CROSS project の宇原CEOがRe:bornの内容についての本質を語っていますので、ご覧ください。

Re:born CROSS projectについて

ブロックチェーンの社会実装は少しづつ進んでいますが、まだまだブロックチェーンの価値はトークンの価格に依存しているのが現状です。

CROSS projectでは上場を控えているXCRの価値を上げるとともに、実社会におけるブロックチェーンサービスの浸透を進めていきます。

Re:born CROSSの本質を宇原CEOが語る

CROSS projectの初期のメインプロダクトであるCROSS exchangeは、取引マイニングという新しい取引方法を導入することで、短期間で多くのユーザーがアカウントの開設が行われ、大きな反響を呼びました。

この勢いを維持しつつXCRのCROSS exchangeへのXCRの統合や新機能の実装を目指してきました。

しかしCROSS exchangeの共同開発を行うCROSS project consortium memberとの 商習慣や文化の違いにより、本来行いたい開発が思うような展開ができず、その後XEXの価格は低迷。

今回CROSS exchangeを共同開発を行うCROSS project consortium memberとのCROSS exchange運営に関する、開発権利に関する整理がつき、本来のCROSS projectが進むべき方向へ進む事ができます。

CROSS project の宇原CEOがRe:bornの内容についての本質を語っていますので、ご覧ください。

Re:born CROSS projectについて

ブロックチェーンの社会実装は少しづつ進んでいますが、まだまだブロックチェーンの価値はトークンの価格に依存しているのが現状です。

CROSS projectでは上場を控えているXCRの価値を上げるとともに、実社会におけるブロックチェーンサービスの浸透を進めていきます。

CROSSTECHが実現する世界

CROSSTECHはXCRチェーンの社会実装を進め、より便利で安心・安全に、誰もが簡単にデジタルアセットによる、決済・売買・交換・発行・保管が行える、分散型プラットフォームの構築を目指します。

この実現を行うためにCROSSTECHではビジネスモデルの再構築を行います。

暗号通貨取引所から

分散型技術のアプリケーションサービスプロバイダー企業へ

CROSSTECHでは今までCROSS=取引所というイメージが強かった部分を払拭し、”分散型アプリケーションプロバイダー”の地位を確立します。

CROSSTECHが実現する世界

CROSSTECHはXCRチェーンの社会実装を進め、より便利で安心・安全に、誰もが簡単にデジタルアセットによる、決済・売買・交換・発行・保管が行える、分散型プラットフォームの構築を目指します。

この実現を行うためにCROSSTECHではビジネスモデルの再構築を行います。

暗号通貨取引所から

分散型技術のアプリケーションサービスプロバイダー企業へ

CROSSTECHでは今までCROSS=取引所というイメージが強かった部分を払拭し、”分散型アプリケーションプロバイダー”の地位を確立します。

CROSSTECHが実現する世界

CROSSTECHはXCRチェーンの社会実装を進め、より便利で安心・安全に、誰もが簡単にデジタルアセットによる、決済・売買・交換・発行・保管が行える、分散型プラットフォームの構築を目指します。

この実現を行うためにCROSSTECHではビジネスモデルの再構築を行います。

暗号通貨取引所から

分散型技術のアプリケーションサービスプロバイダー企業へ

CROSSTECHでは今までCROSS=取引所というイメージが強かった部分を払拭し、”分散型アプリケーションプロバイダー”の地位を確立します。

ホルダーからの応援がXCR価値上昇のマスターピース

XCRはプライベートセールより3年が経過し、他方で様々なご意見を頂いています。

頂いているご意見の大半は、上場時期に関してとなります。

上場時期に関しては以前の発表の通り、2021年前半中を予定していすが、Rebornの進捗により最終的な上場時期を決定いたいます。

長期にわたりXCRをご支援頂いている事で、未上場ですがXCRの知名度と実力は確実に上がっており、これもひとえにホルダーからの支援が合ってのことです。

今後上場に向けさらにビジネス速度を加速し、上場時に高い価値上昇が望めるよう努力致しますので、引き続きXCRが世界に広がるお手伝いと応援を頂けましたら幸いです。

ホルダーからの応援が
XCR価値上昇のマスターピース

XCRはプライベートセールより3年が経過し、他方で様々なご意見を頂いています。

頂いているご意見の大半は、上場時期に関してとなります。

上場時期に関しては以前の発表の通り、2021年前半中を予定していすが、Rebornの進捗により最終的な上場時期を決定いたいます。

長期にわたりXCRをご支援頂いている事で、未上場ですがXCRの知名度と実力は確実に上がっており、これもひとえにホルダーからの支援が合ってのことです。

今後上場に向けさらにビジネス速度を加速し、上場時に高い価値上昇が望めるよう努力致しますので、引き続きXCRが世界に広がるお手伝いと応援を頂けましたら幸いです。

ホルダーからの応援がXCR価値上昇のマスターピース

XCRはプライベートセールより3年が経過し、他方で様々なご意見を頂いています。

頂いているご意見の大半は、上場時期に関してとなります。

上場時期に関しては以前の発表の通り、2021年前半中を予定していすが、Rebornの進捗により最終的な上場時期を決定いたいます。

長期にわたりXCRをご支援頂いている事で、未上場ですがXCRの知名度と実力は確実に上がっており、これもひとえにホルダーからの支援が合ってのことです。

今後上場に向けさらにビジネス速度を加速し、上場時に高い価値上昇が望めるよう努力致しますので、引き続きXCRが世界に広がるお手伝いと応援を頂けましたら幸いです。

CROSSTECHの全容を確認して頂き、
今後の経営計画への投票にご参加ください。

CROSSTECH サービスを確認

CROSSTECHの全容を確認して頂き、
今後の経営計画への投票にご参加ください。

CROSSTECH サービスを確認

CROSSTECHの全容を確認して頂き、
今後の経営計画への投票に
ご参加ください。

CROSSTECH サービスを確認